ソフトウェア開発業のM&A・事業承継なら
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号
ソフトウェア開発業の業界動向
ソフトウェア開発業界の市場規模
ソフトウェア開発業界の現状・課題
業界としてはおおおむね堅調
リーマンショック後、元請けとなる金融機関や製造業のがIT投資の抑制傾向により落ち込みを見せたが、以降の景気回復とともにソフトウェア業界も需要は拡大し、まずまずの業界規模を維持している。クラウドやビッグデータ、IoTなど成長分野における新市場の開拓が進むなど、明るい要因も。
【主要企業】
出所:各社の有価証券報告書、決算報告等
【業界市場規模推移】
(公財)全国ソフトウェア開発協会HP
メーカー系、ユーザー系、独立系に分かれる

業界は、メーカー系、ユーザー系、そして、独立系に分かれる。メーカー系は、ハードウェアを製造するメーカーから派生した企業が多く、親会社経由での2次請けの案件が多い。ユーザー系は、商社、金融機関、交通、電力などの大手企業のシステム部門が独立し、拡大した企業が多く、主に親会社のシステム開発・構築や、保守、運用などを行う。そしてメーカー系・ユーザー系のどちらにも分類されないものが独立系。親会社を持たず、メーカーやほかのSIerからの下請け業務など、様々な業種の会社から業務を請け負う。

多重下請け構造
元請け企業→二次受け企業→三次受け企業というピラミッド方の構造になっており、技術レベルに応じて下請け再発注をかけていく。 その結果、契約上立場の弱い下請け企業の利幅が圧縮されてしまったり、下請け企業の技術者が付加価値の低い領域の業務に固定されがちになってしまうという弊害も発生している。また、新規参入の障壁が低いため中小企業が多い。
進化のスピードが速い業界
【IT人材の”量”に対する過不足感】
出所:独立行政法人情報処理推進機構 『IT人材白書2017』
【事業所数と従業員数の推移】
出所:NTTファシリティーズ総研「ソフトウェア開発業界の動向」
人材確保・育成・流出防止が最大の課題
いかに能力の高い技術者を確保するかで大きく企業力を左右する業界であるソフトウェア業界では、人事戦力は最大の関心事項。 他業界に比べ人材の育成に時間がかかる上に、技術変化・進化のスピードが著しく速い業界であることからも優秀な技術者は市場価値が高く、人材の奪い合いが起こる。また、高い技術を必要としながらも長時間労働・過重労働・低賃金のイメージがついてしまっている業界。給与体系を見直し、働きやすい職場環境をと整えるなどの待遇・環境改善も急務。
オフショア開発の浸透
開発コストを削減と利益拡大のため、ソフトウェア開発やアプリ開発を、中国やインドのほか、よりコストの低いベトナムやフィリピン、インドネシア、ミャンマー等海外の開発会社や海外子会社にアウトソースすることをいう。コスト削減削減以外にも海外の優秀なエンジニアを確保できることもメリットのひとつ。最近では、コールセンターなどの業務も海外で運用することもある。
一方で、人材や情報の流出、品質の維持の問題、文化やビジネス習慣の違いから齟齬が生じる場合もあるなど、課題もある。
ソフトウェア開発業界のM&A動向
参入障壁が低く、中小零細企業の新規参入が多い業界であるが、技術者不足や多重下請け構造の弊害で交渉力の弱い下層の下請け企業の統廃合が進む。 また、クラウドやビッグデータ、IoTなど成長分野への注目度が増す中で積極ていな資本・業務提携や買収が増えている。
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号
ソフトウェア開発業界におけるM&A活用のメリット
    譲渡側のM&Aのメリット
  • 創業者利益を獲得できる
  • 従業員の雇用を守ることができる
  • ブランド力のある大手と融合することで人材採用も有利に
    譲受側のM&Aのメリット
  • 規模・シェアの拡大を見込める
  • スキル・経験のあるエンジニアを確保できる
  • 新規分野へのスピーディーな進出が可能になる
ソフトウェア開発業界のM&Aのポイント
  • どのような得意分野や独自性を持つか
  • 多重下請け構造においての位置づけはどの層か
  • 顧客基盤の安定性はどうか
  • システムインテグレーションがメインか、受託開発がメインか
  • 技術者のスキルはどうか、管理や顧客折衝を行える人物はいるか
ソフトウェア開発界のM&Aニュース
2017.12.05 SAMURAI&J PARTNERS株式会社、オンラインエンターテイメント会社ケイブの株式を取得

2017.12.04

LINE、スマートフォン向け動画広告配信会社ファイブを子会社化

2017.11.29

インフォメーション・ディベロップメント、システムマネジメントサービスを展開するフェスを子会社化
2017.11.17 アイソプラ、インターネット関連事業を行うソフィアホールディングスの株式を取得
2017.11.15 クラウドワークス、システム開発を行う電縁を子会社化
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号