不動産業のM&A・事業承継なら
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号
不動産業の業界動向
不動産業界の市場規模
不動産業界の現状・課題
名だたる巨大企業がトップシェアを争う
市況は横ばいかやや上向き傾向
足元の景気を見れば、日本銀行のマイナス金利の影響などを受けてゆるやかな回復傾向にある中で、都心部を中心にオフィスビル需要は増加。日本橋・八重洲丸の内周辺の他、渋谷でもオフィスビル開発が活発。一般住宅においても、中古マンションのリフォームやリノベーション物件が人気を集めているなど、当面は好調を維持できそう。 長期的にみれば、人口減少による業界規模の縮小は避けられないだろう。住宅・オフィス需要が減れば賃貸・仲介・売買・メンテナンス業に至るまで大きく影響を受けることになる。
東京オリンピック・パラリンピックバブル
【主要企業】
出所:各社の有価証券報告書、決算報告等
【業界市場規模推移】
出所:財務省「財政金融統計月報」-法人企業統計年報特集-
景気動向の影響を受けやすい
金融危機や大手事業者撤退などがあれば業績が低迷し、金融緩和やオリンピックなどの要因で業績が上向くなど、影響を大きく受け、景気に左右されやすいというのも不動産業界の特徴。景気に下支えされるように地価をはじめ不動産の価格も上昇するが、 景気が下がると不動産の相場も下降傾向で、それに派生する各種関連事業も影響を受ける。 不動産投資の側面から考えると、為替の変動なども反映されやすい。
海外展開の動き
不動産業界は2020年の東京オリンピックに向けて盛り上がりを見せているが、同時にオリンピック後の厳しい状況も予測されている。 そうした状況の中で、海外進出の動きが加速している。ベトナム、カンボジア、フィリピン、ミャンマー、インドなど今後、経済成長を見込める国への各社の進出が盛んになっている。
【 主たる業務の割合 】
出所:(一社)土地総合研究所「不動産業についてのアンケート調査」
【 オフィスの平均賃料と平均空室率の推移 】
出所: 三鬼商事「オフィスリポート東京2017」
オフィスの空室率は改善の兆し
東日本大震災直後は大きく上昇したオフィス空室率だが、近年はゆるやかに回復傾向にある。 好業績の企業を中心にオフィスの拡張需要が増加し、主に都心のオフィスを中心に入居率がアップ。 それに反比例するように賃料は増加傾向。
中古マンション市場の盛り上がり
新築マンションの供給不足や価格の値ごろ感から昨今、中古マンション市場が盛り上がりを見せる。中古マンションを買い取り、リノベーションが注目を集めており、市場での流通量が増えている。 いち早く参入したベンチャー企業などに続き、野村不動産、三菱地所、長谷工コーポレーションといった業界大手も参入し、ますます活発になっている。
東京オリンピックバブルと人口減少にどう対応するか
ビッグデータの活用など情報管理のIT化
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号
不動産業界におけるM&A活用のメリット
    譲渡側のM&Aのメリット
  • 取扱物件情報などを共有することができる
  • 大手のブランド力やノウハウで集客力アップが期待できる
  • 従業員の雇用を守ることができる
  • 個人保証や担保を外すことができる
    譲受側のM&Aのメリット
  • 規模・シェアの拡大を見込める
  • 未進出の地域への参入ができる
  • 取扱い物件数の増加とデータベースの拡充が図れる
  • 新たなネットワークの獲得が見込める
不動産業界のM&Aのポイント
  • 物件情報の数、質、管理方法はどうか
  • 顧客ニーズに合った物件をマッチングできているか
  • 大手ポータルサイトとの提携や、自社HPの強化など、集客方法の工夫はどうか
  • 自社管理物件や地域情報など差別化の取り組みができているか
  • 物件オーナーへ入居率アップのための提案などができているか
不動産界のM&Aニュース

2018.8.3

三井不動産、連結子会社の三井ホームにTOBを実施し、完全子会社化
2017.7.31 オープンハウスが分譲住宅販売のホーク・ワンを買収し傘下へ
2017.7.24 三菱地所、関西地盤のマンション売買仲介・管理会社 アーバンライフに対するTOB実施
2018.6.6 広島建設が宇都宮のエステート住宅産業を買収し、グループ会社化
2017.8.28 インターライフHD、不動産事業を展開するラルゴ・コーポレーションを子会社化
M&A無料相談はこちら
M&A無料相談フリーダイヤル
電話番号